【地元民が解説】山陰観光に親子そろって楽しめるおすすめルート!

山陰観光に親子そろって楽しめるおすすめルート!米子と周辺情報

今回は親子で楽しめる「山陰観光おすすめルート」を地元民の私ハンチングめがねが詳しくご紹介します!

山陰観光なので”鳥取県~島根県”をそれぞれ1日で縦断するルートです。両方をつなげて米子で1泊すれば「鳥取島根1泊2日」のルートになります。

【地元民が考えた】山陰観光おすすめルート!

山陰観光おすすめルート

米子空港を発着にすると、最後に山陰地方最大の漁港「境港魚市場」で買い物をしてそのまま飛行機に乗ることができるのでおすすめです。(持って帰ってもいいし宅配で送ることもできますよ!)

米子鬼太郎空港は鳥取島根観光のちょうど中間地点なので、ここでは米子空港を起点としておすすめルートを組んでみたので空港からはレンタカーを借りてください。

ちなみに、私がいつも使うレンタカー最安値の一括比較です。

レンタカーの最安値

格安レンタカー予約 スカイチケットレンタカー

鳥取県側の1日観光ルート

米子鬼太郎空港出発
↓ ↓ ↓

  1. 水木しげるロード
    ➝ごぞんじ鬼太郎づくめの妖怪道路です。
  2. お菓子の壽城
    ➝米子城をモチーフにしたお菓子の城です。
  3. 真名井せせらぎレストラン
    ➝おばあちゃんのビックリパフェが食べられます。
  4. 青山剛昌ふるさと館
    ➝これもご存知の名探偵コナン記念館です。
  5. (有)ふね
    ➝地元人もわざわざ行く”貝殻もなか”のお店です。
  6. 鳥取砂丘
    ➝鳥取に来たら絶対に見る価値はあります。

水木しげるロード

水木しげるロード

まず米子鬼太郎空港をレンタカーで出発して、すぐ近くにあるゲゲゲの鬼太郎づくしの”水木しげるロード”へ。子供は間違いなく楽しめるし親も懐かしいと思います。水木しげるロードに面した場所に3つ駐車場があります。

  • 駅前駐車場(105台):住所:境港市大正町221番地
  • 大正町駐車場(58台):住所:境港市大正町4番地
  • 日ノ出駐車場(81台):住所:境港市日ノ出町58番地

お菓子の壽城

お菓子の壽城

お城だけど米子名物のお菓子を販売している”米子城”を再現したという観光名所です。”壽”というのは寿製菓が運営しているため。ここが作るお菓子は本格的でとくに「白うさぎフィナンシェ」はうちがプレゼント用にいつも買っていてめっちゃウマい!のでぜひ購入してみてください。

駐車場はたくさんあるので余裕で止められますし、いつも警備員が誘導してくれるので安心して止めることができます。壽城内には「スタバはないけど砂場はある」で有名な”すなば珈琲”もありますよ。

 レビュー  壽城の”すなば珈琲”に行ってみた!

真名井せせらぎレストラン

米子 雨の真名井

米子の”天の真名井”は日本名水100選にもなっていて、大山の湧き水をいくらでも自由に汲むことができる観光名所です。ここにめっちゃ優雅ないちごパフェで有名な”せせらぎレストラン”があります。

めっちゃ優雅ないちごパフェ

いちごの時期はいちごパフェで、ほかのシーズンはそのときに採れたフルーツがパフェになります。

また暑い時期に登場する「すだちそば」も最高です!

一応定休日は火曜日でたまに臨時休業をするときがあるので、行く前にはチェックしてから訪れてみてください。フェイスブック➝https://www.facebook.com/pg/seseragimanai/posts/

 レビュー  天の真名井を観光しに行ってきた!

青山剛昌ふるさと館

青山剛昌ふるさと館
出典:青山剛昌ふるさと館

ここはもう子供たちが喜ぶこと請け合いで、倉吉市のしっくりとした昔ながらの街並みとともに名探偵コナンをたっぷりと楽しむことのできる場所です。コナンの原画や作業風景などを間近に感じることが出来るので、途中の休憩としてぜひ寄ってみて欲しい鳥取県の観光名所です。

(有)ふね

(有)ふね
出典:(有)ふね

ここはなに?と思われるかもしれませんが、一度ここの「貝殻もなか」を食べたらまず間違いなくハマってしまうという絶品のお菓子です。甘さ控えめのツヤッツヤで大粒な粒あんがはみ出るほど入っている、地元民もわざわざここまで買いに来るほどの人気ぶりです。

鳥取砂丘

鳥取砂丘

この写真を見たらぜったいに向こう側が見たくなりますよね。私も家族と鳥取砂丘に行ったときに、この向こう側を見ずして帰れるか!という勢いで登っていきました。頂上まで登ってみると、それはそれは‥幻想の世界が待っています。

ただ鳥取砂丘といっても砂しかないわけではなく、珍しいお土産や砂でできた○○も売っていますのでぜひお店も覗いてみてください!

鳥取砂丘まで行ったら同じルートを戻ってくればOKです。その先は兵庫県になってしまうので鳥取観光はここまでです。米子まで戻って1泊、翌日は島根観光っていうのもいいですよ!

島根県側の1日観光ルート

米子鬼太郎空港出発!
↓ ↓ ↓

  1. 足立美術館
    ➝日本三大庭園のある絶対に行ってみるべき壮大な景色の美術館です。
  2. 松江城
    ➝松江城の独特な構造を見たい人にはとくにおすすめです。
  3. 松江フォーゲルパーク
    ➝熱帯地方にいる鳥類を間近で見れたりペンギンなどもいます。
  4. 出雲大社
    ➝縁結びの神様がいらっしゃいます。
  5. 石見銀山
    ➝昔の銀山の様子がよくわかって勉強にもなります。

足立美術館

足立美術館

米子を出たら隣町”安来市”にあるのが、日本でも有名な立派過ぎる庭園のある「足立美術館」です。日本庭園といっても子供はパッと来ないと思いますが、ここの美術館の日本庭園はひと味違うのできっと驚くと思います。

また足立美術館のおかみさんがまた明るくて楽しい方で、もし来館したときにいらっしゃればきっと楽しい話を聞かせてくれるはずですよ!

松江城

松江城

松江城が黒いのは?中心がズレているのは?などとお城に詳しい方であれば絶対に寄ってみたくなるのがこの松江城だと思います。中に入ると天守閣までつながる昔ながらの階段があり、いちばん上の天守閣まで登ることが出来るのでこれまた趣があって楽しいです。

松江フォーゲルパーク

松江フォーゲルパーク

フォーゲルパークには私も家族とよく観光に行きますが、何度いってもペンギンたちと触れ合うのが楽しくてついまた行ってしまう観光地です。色とりどりの鳥がたくさんいて館内を自由に飛んでいるので絶景が楽しめます。

出雲大社

出雲大社

出雲大社といえば大しめ縄を見ないと始まりませんが、全国からの参拝者が訪れるためかとてもきれいにしてあるのが印象的。とにかく大きな神社で広大な敷地を歩いて回るので、けっこうな時間が必要になります。

石見銀山

石見銀山

洞窟を入って行くと昔を想像させるしっとりとした岩肌が特徴的で、石見銀山がそのむかし世界的に栄えた山だったことが良く分かります。洞窟の入り口を見たときゾク‥ッとするのは私だけでしょうか。とにかく神秘的な洞窟です。

島根観光は昔からの歴史ある観光地が多い土地です。石見銀山の観光を終えたら米子空港まで行って飛行機に乗って帰るのもいいし、もう1泊のんびりしてもいいですね!

山陰観光の最後に‥

鳥取観光or島根観光をすべておえて米子空港に行く前に‥

はじめにもご紹介しましたが、最後の楽しみ「境港魚市場」に寄ってみてください!

境港魚市場

境港といえば日本でもカニ漁が盛んなことで有名で、すぐ横の岸壁で水揚げされたカニや新鮮な魚介類がめっちゃたくさん並んでいてそれも安い!たぶん都会から来られた方はその安さに驚かれるはず。※カニがあるのはカニ漁をしている時期のみです。

この境港魚市場で山陰旅行を締めくくって、お土産を持って帰ってもいいし宅配で送るのもおすすめ。米子空港からも近くて見るだけでも楽しい市場ですよ!

この魚市場を見てから米子空港のレンタカーに返却すれば、今回ご紹介した鳥取島根の山陰旅行はすべて完結です!ぜひ旅行計画の参考にしてみてごしない!

 

 人気記事 

【地元民おすすめ】米子でガチうまい焼肉を食べるなら絶対にココ!

コメント